f:id:murasakai:20160425170353j:plain

コネばかりを強調するひとを信用できないというのは多いのではないでしょうか。
あるいは「ゴマをすれ」の連呼でメリットが語られず、言うことを聞きたくないというのだとか。
こういうのはメリットが語られない以外にも、「イヤだなー」と感じさせるものがあります。

まず、結論から。
ゴマすりやコネを強調するというのは「気に入られる理由」を考えていないように思えるからです。

 

コネがだいじ、ゴマをすれ、etc…
これらは実力主義タイプでゴマすり下手な人間にはよくかけられる言葉です。
理系の人間なんかは「ゴマをすっておきなさい」「コネがないと損をする」というのをよくいわれてきたのではないでしょうか。
わたしもそういうのを耳が痛くなるほど言われてきている人間で、聞き飽きた感が強いです。笑

しかし、そうは言われても「言葉に信ぴょう性がないなー」とか考えてしまうのはわたしだけでしょうか?
上のひとに気に入られて損はしませんが、かといってどのようなメリットがあるのかわからないのも事実です。
「何のために」をハッキリさせないと、ゴマをするモチベーションというのも湧いてきません。
そもそも「ゴマをする」というのはどういうことを指すのか、「コネをつくる」とはどのようなことなのかというのが漠然としているわけで、アドバイスのなかに具体的なものがないことの方が多いです。

 

どうやってコネができるか

ゴマをすれ、コネを作れ。
これらの発言に共通していえるのは「人脈がどうやってできるのか」を意識していないということです。

人脈がどうやってできるかといえば、相手に気に入られる、相手のためになることをする、すごいと思わせる。
こういうのがあって人脈ができていくわけです。

そして相手に気に入られるというのは、「頭を下げるだけでいい」という意味ではありません。
あくまでも相手がいいなと思うことが必要で、そこには利害関係があってもおかしくはないのです。
これはある種のマーケティング感覚というやつで、価値提供といいかえることができます。
相手の望みは礼儀がいいことではなく、能力があることだったりする場合もめずらしくありません。

むしろ、頭を下げているだけでうまくいったら相当いい方でしょう。
現実には極端に頭を下げることよりも、何らかの能力が求められる場面の方が圧倒的に多いです。
いい成績、いい能力が気に入られるというのは学校教育においても存在し、部活動を見ればすぐにわかります。
実力のある人間が評価され、礼儀だけの人間は居づらかったでしょう。そういうことです。

 

何の武器もなしに組もうとは思わないでしょ?

つまるところ、何の武器もなしに評価してもらおうというのは虫がよすぎるのです。
頭だけ下げていればおkなんてルールは平等もクソもないようなもので、評価されなかった人間から不満に思われるのは当然です。
それよりは能力がなくてダメだったという方が、評価されなかったとしても納得いくでしょう。
礼儀がすべてというのは能力がないのを棚にあげているに過ぎません。

ゴマをすってコネを作れというのは、アドバイスとしては抽象的です。
言葉のニュアンス的に「お利口さんにしてなさい」的なものが強く、能力の要素はあまり多くありません。
実際にはゴマをするというのが結果を出すことというのも少なくなく、「ゴマをするためには能力が必要」というのも多いです。

能力がないことや努力しないことを正当化する表現は多数ありますが、ゴマをすれという表現もその要素が多いです。
ゴマをすれと言われる場合のほとんどは頭を下げろみたいな意味が強く、ギブアンドテイクの概念もありません。
ことさらにゴマすりやコネを強調してくるひとは実際にはギブアンドテイクができなかったりするので、能力といったものが取り上げられないこともしばしば。
そのため、わたしとしてはコネやゴマすりの強調があると疑ってしまいます。

 

つながりは強調するものではない

結局、ゴマすりやコネで解決しようというのは、どうやっても努力の要素を語れません。
口だけで解決しているように見えるため、ゴマすりやコネは叩かれるのです。

コネをつくるためにも一定レベルの能力は必要で、それなしにはただの寄生虫となってしまいます。
コネが重要、ゴマすりがすべてというのは、貧乏や努力不足の正当化としてミニマリストを取り上げるのと何ら変わりありません。
何のメリットもなしには人脈が築けないため、こちら側にも差し出すものが必要なのです。

つながりが強調される場ほど地力が重要というのもめずらしくありません。
能力をつけるというのはそれだけ手札を増やすということであり、選択肢は多いほうがいいです。
礼儀作法だけしか武器がないのと、礼儀作法のほかにも能力があるのとではちがいすぎるでしょう。
能力があるからこそ価値を提供できるのであり、人脈を作れるのです。

ずば抜けた能力があって、それが需要に結びついているとすれば、評価されてもおかしくはありません。
能力があることが重要となる場面では、需要と供給の関係から多少マナーに欠けていても問題ないのです。
ひとに気に入られるというのもマーケティング感覚が重要で、ルールを見極められる人間が気に入られます。

 

まとめ

ゴマをすりさえすればコネができて、万事解決。
こういうのはまれで、実際には能力がないとダメなパターンの方が多いです。
コネやゴマすりの過剰な肯定のウラにあるのは知識のなさであり、「ゴマをすれ」という側も何をすればいいのか理解していないパターンがほとんどです。

もしあなたが「ゴマすりとコネで何とかなる」と思っているのであれば、少々考えなおすべきでしょう。
気に入ってもらうにも最低限のものは必要で、何の努力もなしに認めてもらおうというのは都合がよすぎます。
何らかの形で価値提供ができなければならず、ゴマすりについての議論は能力の次で問題ありません。

能力があってのゴマすりと、能力がない場合のゴマすりとでは全然意味がちがいます。
能力があるのなら鬼に金棒ということになりますが、能力がないのであればゴマすりぐらいしておけということになります。
ゴマをすってコネを作れるというのはカードのひとつであり、能力が評価されないというのは言い過ぎなのです。

 

あわせて読みたい

www.murasakai.net

一般に言われる「TOEICが重要」「英語は必須」という言葉にも、マーケティング感覚の欠如というのはあります。
英語が評価基準となるのは忍耐力を見ていることがほとんどです。
こういう場ではゴマすりが威力を発揮するでしょう。
ただ、当然のことながらそれに見合った能力は必要なわけで、結局ゴマをすっているだけではダメという結論に落ち着きます。

 

就活生のみなさん、就活の状況はいかがでしょうか? そうですよね、就活といえば自己分析。三度の飯より自己分析。花より自己分析ですね。これだけ自己分析自己分析言われても耳タコになっている人も多いかもしれません。今回は僕が実際にやっていた超効率的自己分析方法をお伝えします。

f:id:takuya3924:20160505182619p:plain

超効率的自己分析でやらないこと

まずは僕が教える超効率的自己分析法ではやらないことをお伝えします。

絶対内定とかやらない

自己分析といえばコレ。というほど多くの就活生に愛されている自己分析にぴったりの本、絶対内定。

もちろん僕も買いました。内容はワークシート形式になっていて、自分の経験や正確などをワークシートにどんどん記入していくというもの。まわりの人とかに聞くと何周も何周もした!という人も結構います。

しかし、なんせ長い!そして本が分厚い!そして紙が安っぽい!そんなこんなで僕は全然続きませんでした。おそらくこの記事を読んでいるということは、みなさんも向いていない可能性が高いです!!とはいえ、ものは試しなので、絶対内定まだ見たこともなかった!という人はとりあえず王道の方法からやってみるのもいいかもしれませんが。

ノートにまとめるとかやらない

同じくノートにカリカリ自分の経験を振り返ったりして順番にまとめていくやりかた。当然僕にはできませんでした。まず学校にまともに行っていなかったので、長時間ペンを持ち続けると疲れますし、何より紙がもったいないです。もちろん、そういうやり方が合う人もいるので、絶対内定買うほどのお金がない人はまずはダイソーに行ってノートとペンを買い、人生を振り返ってみるのもいいでしょう。すぐにダイソーに足を運んでしまう自分について分析してみてください。

そもそも自己分析やりたくない

基本的には自己分析という言葉からは時間をかけて過去を振り返ったり、自分の経験を整理したり、という「ぶっちゃけ面倒くさい」作業をイメージしてしまいます。特に紙とペンを持ってカリカリ机に向かってやる、というのは僕には全く合いませんでした。できるだけ楽をしたいというのが人間の性ですよね。楽しくないことを延々とやっていても辛いだけです。もちろん、好きな人はどんどんやるべきだと思います。

オレ流・超効率的自己分析のすゝめ

では僕が行っていた自己分析方法とは何か?上でも書いた通り、面倒くさいことはやりたくない、というのが僕のスタンスです。

まず、診断テストをやる

まず、簡単なのがこの類のやり方です。とりあえず心理テスト的なものを受けてみて下さい。ある程度社会的に信用のあるもののほうが納得しやすいので、ストレングスファインダーがおすすめです。とりあえずこの本を買って下さい。そこにシリアルナンバーが入っていて、それをwebで入力してからテストを行います。

おそらくある程度納得感の出る結果が出ると思います。だいだいざっくりと自分を客観的に分析するには診断テストはぴったりです。

www.urakawatakuya.com

自分について質問される環境に無理矢理身をおく

これ、いいですよ。選考の面接でもいいし、OB訪問とか先輩と話すとかでもいいです。とりあえず、自分の経験や考えを色々と聞いてくるような人に会ってみてください。その瞬間は、嫌でも自分について考えることになりますし、瞬時に考えて自分の言葉でアウトプットする必要があるので、変に飾らずに素の自分について話せると思います。いかにも自己分析してきました、的な胡散くさい話を用意している学生もいますけど、結局話せてなんぼ。まとまってないなりにも自分の言葉で話しまくる機会を作ったほうが絶対に効率いいし、アウトプットを同時に行えていいと思います。これをサバイバル自己分析と呼びましょう。

同じ経験をしている人の言葉をパクる

これが、一番おすすめ。究極の自己分析方法です。パクリ自己分析法とでも呼びましょうか。何をするかというと、自分同じ経験をしていたり、価値観の近い人の言葉をインプットしまくります。例えば僕であれば、世界一周経験者の本やブログを読みまくる、野球が好きな友達と野球について語る、学生時代一緒に熱いことをしていた仲間と将来や自分について話す、尊敬する人や目標とする人の本や記事を読む。とかです。

例えば世界一周経験者のブログとかを読むと、その人が旅中に考えたこととかがうまくまとめられています。しかも僕が心から共感することばっかりです。日本の良さがわかった、旅での出会い、思い立ったらすぐ行動、とか自分が思ってたようなことが、きれいな言葉になってそこにまとめられています。そういう言葉をパクりましょう。だれかの受け売りでそれっぽく話している人は結構ばれてしまいますが、今回はそれとは別です。なぜなら、嘘じゃないから。なんならその言葉に心から共感しているはずです。なのでちゃんと自分の思いを載せて話せるはずです。ちょっと自分の言いやすいいまわしにしたり、自分の経験に合わせてカスタマイズすれば問題ないですが、最初はだれかの言葉を借りるのが早いし効率的ですよ。自分で色々考えても思いつかなかったような考え方や言葉が見つかることも多いです。もう一度いいますが、大事なポイントは嘘じゃないこと。心から共感できる言葉だけパクってください。

完全に自己分析しようとしない

最後はこれです。20歳そこそこの学生が自分を100%知るなんてほぼ不可能です。しかもだれかが採点するわけでもないので100%自己分析できたかどうかなんてだれにもわかりません。完全に自分を知ろうとするなんて不可能ですし、性格とか考え方はこれからの経験や環境によって変わりまくります。だいたい自分を表す特徴を3~5個くらいちゃんと説明できたらとりあえずオッケー。そのくらいの気持ちでやるくらいがちょうどいいと思いますよ。

自己分析は難しくない!

どうでしたか?僕みたいにめんどくさがりで、カリカリ時間をかけて自己分析するのが苦手だ!という人はぜひ、このやり方を試して見て下さい。

まずはサクッと診断テストからどうぞ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (462件) を見る

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

f:id:purplerainbow:20170810001127j:plain

2016-7-21に撮影した指宿市にある開聞岳です。

ピザ屋さんというと宅配で1枚2,000円するのがほとんどだけど

なんと500円で売るとか。

 

これは・・宅配はやらないってことかな??

 

だったら、スーパーでチルドのやつ買えばいいって??

どうなんでしょ?

 



吉野家がピザ店、1枚500円 低価格の専門店展開  :日本経済新聞
吉野家ホールディングス(HD)はピザ事業に参入する。1枚500円の低価格でピザを提供する飲食店を今後3年間で30店展開する。2000円台の高価格品を扱う宅配チェーンが中心のピザはまだ低価格の専門店が少なく、後発でも商機が十分にあるとみて参入。将来のフランチャイズチェーン(FC)展開も視野に入れる。 ...

遅い夏休みを取って、沖縄に行ってきました。

f:id:buchineko_okawari:20150904003832j:plain

沖縄は、以前に竹富島に行ったことがあったのですが、本島は初めて。

何回かに分けて、沖縄旅行の記録をつけておこうと思います。

真っ青な海の上を渡って浜比嘉島へ

今回の旅では那覇空港近くでレンタカーを借り、ホテルのある名護を目指して、沖縄自動車道を南へむかいました。その途中で、ちょっとだけ寄り道。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904004501j:plain本島と海中道路でつながっている離島、浜比嘉島です。

■ cafe santorini 海の見えるテラスでランチ

f:id:buchineko_okawari:20150904003837j:plain到着したのはちょうどお昼どき。海中道路を左手に折れてすぐのところにある、cafe santoriniで一休みしました。青い看板が目印。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003835j:plainボサノバが流れる店内はゆったりしたムード。座るのは、海を一望できるテラスがお勧め。潮風に吹かれていると、夏休みなんだと実感が湧いてきます。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003833j:plain頼んだのは、ポークソテーの赤ワインソース。野菜の色合いが美しい一皿ですが、味も本格的でとっても美味しかったです。幸先のよいスタート。

■ シルミチュー公園で大海原を眺める

f:id:buchineko_okawari:20150904003843j:plain午後は浜比嘉島をドライブ。小さな島なので、ぐるりと一周するのもあっという間。海中道路のちょうど反対側にあるシルミチュー公園までやってきました。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003839j:plain人の少ない港は、海の色が本当にきれい。宝石のような翡翠色。同じ日本にこんなに美しい場所があるなんて。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003840j:plain大きな岩と美しい海原、砂浜にのんびりと寝そべる人たち。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003842j:plain奥のほうまで歩いて行くと、外海に通じる岩場で泳いでいる人たちもいましたが、わたしにはとてもそんな勇気はないので、写真だけパチリ。この日は雲も美しかったのでした。

■ 丸一食品のおいなりさんとチキン

f:id:buchineko_okawari:20150904003847j:plain沖縄自動車道に戻る途中、うるま市内でもうひとつ寄り道。おいなりさんとチキンが有名な丸一食品です。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003848j:plain名物のおいなりさんと骨付きチキン。とても素朴な風体。東京のものとは違っておいなりさんの皮はあっさり目で、チキンはものすごくにんにくが効いています。テイクアウトのみなのですが、食べた後の車内がしばらくにんにく臭。ジャンクなテイストでなかなか美味しかったです。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003850j:plain

珍しい飲み物を発見したので、ついでにお試し。九州でメジャーな「愛のスコール」という乳性炭酸飲料でした。味はちょっと乳感の強いカルピスソーダのようで、美味しかったです。

■ 沖縄の定番ブルーシールアイス

f:id:buchineko_okawari:20150904003852j:plain

途中のサービスエリアで、ブルーシールアイスも食べました。ぱっきりとした色合いのものにも惹かれたのですが、まずは沖縄らしく、さとうきびと紅芋で。

砂浜を望むホテル ブセナテラス

f:id:buchineko_okawari:20150904003853j:plain

寄り道ばかりしていたので、ホテルに辿り着いたのは夕方でした。今回の宿は、砂浜を望むクラッシックなホテル ブセナテラス。ロビーの雰囲気が優雅でバカンス気分が盛り上がります。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003854j:plain

お部屋は(わたしの予約が遅かったせいで)オーシャンビューではなかったのですが、窓からは緑が見えていい雰囲気。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003857j:plain

ドアを開け放てば、外の風景を見ながらお風呂に入れるしくみ。ハワイで泊まったTrump Hotelもこんな風になっていました。リゾートの定番なのかも。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003859j:plain

テラスには籐の椅子とテーブル。あとでここで泡盛を飲もうと誓いました。そして、とりあえず夕ごはんへ。

■ 夕ごはんはホテル近くの焼き肉屋さん「おばぁの家」へ

f:id:buchineko_okawari:20150904003901j:plain

沖縄っぽいものを食べたくて、お夕飯はホテル近くの焼肉屋さん「おばぁの家」へ。焼き肉と言っても、沖縄なので、メインはアグー豚です。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003903j:plainアグー豚指定でも、いろいろな部位がありました。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003904j:plain海ぶどうサラダなど、沖縄料理も充実していて美味しかったのですが、座る席によってはものすごく煙たいので、匂いがついてもいい格好で行くことをおすすめします。

■ FUNPUB シュガーケインでボサノバな夜

f:id:buchineko_okawari:20150904003906j:plain

初日の締めくくりはブセナテラスのメインバー、シュガーケインへ。

 

f:id:buchineko_okawari:20150904003907j:plain毎日違うミュージシャンの生演奏があるのですが、この日はボサノバ。カクテルを飲みながら生演奏、贅沢な夜でした。ブセナテラスでは夕暮れどきにプールサイドでトランペットの生演奏があったり、日中もカフェでピアノの演奏があったり、とにかく音楽が贅沢なホテルだったなと思います。

 

二日目に続く。

関連記事

 

インコを飼っているんですが・・

走り方、歩き方って、たぶんインコごとに違うんでしょうね。

 

ものすごい猛ダッシュしている画像です。

 

これは・・たまらない(笑)

 

f:id:AR30:20130829085706g:plain

 

くがつおわり

2018/07/06

今日で九月が終わる

色々を始めたり考えたり、仕事で怒ったりとなかなか楽しい一か月だった。今年もあと三か月という間に年が明けてしまうんだろう。

当面の目標は毎日更新だけど、忙しい日々も増えて来るからなかなか難しいんだろう。

 

と、今のうちに逃げ道を用意しておく。

 

取り敢えず、今月読了した本の一冊。

忘れないうちに感想を書いておく。

最初は読みにくい。というより、何が言いたいのか、誰が味方なのかがよく分からない話。読みやすい作者の中ではとても読みにくい感じだった。

後半は、調子よく読めた。

悪を悪として書くのは上手いと毎度のことながらに思うのと、読んでるもどかしさはいつも通り。本を読んだ時のどきどきやあと一行だけ! と思って読み進めてしまうのはやっぱすごい。

最終退行 (小学館文庫)

最終退行 (小学館文庫)

  • 作者: 池井戸潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/05/10
  • メディア: 文庫
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

 読む時間はなかったりするけど、時間は作るものだ(そして寝不足へ)。

昨今、流行りの”二分の一成人式”が参観日に娘の教室で行われた。
20歳の半分、10歳で行われる二分の一成人式、
去年はもう保護者号泣の素晴らしい作文の数々だったらしい。
「もう、俺は自分の子が読む前に
ゆかちゃんとけんたくんの作文で泣けて…」というパパがいたり、
「あれは無理!泣いてしまうで!」と別のパパさんが語る横で、
「うちのこの作文ってきたら…」と青筋を立てるママさんもいたり、
「お母さんありがとう、ご飯も洗濯も…(以下略)、
お父さんもついでにありがとう」という娘の作文に
「子供は正直やで~」とつぶやくパパさんがいたり、
とても盛り上がっていたらしい。

”白け世代”の80年代としては、「感動!!」とか無理…。
10歳が「お母さん、10年間育ててくれてありがとう」っていう
子どもたちのお決まりのスピーチにも
「一番母さんが大変だった最初の2年は記憶ないでしょ!」と
心の中で突っ込んでしまった。
今年はお決まりの言葉が多かったからか、
なんだか泣けなかったわね~とママさんたちと話した後で、
こどもたちからの手紙をもらった。

これがウルっときてしまった。
周囲を見ると、どのお母さんもそれぞれにウルッ。花子からの手紙には

 

「お母さん、お父さん、
いつも笑ってくれていて、ありがとう。
嬉しいときも、悲しいときもそばにいてくれてありがとう。
これからも、いろんなときにそばにいてください。」

という花子らしさがでている言葉と、
私と花子の親子関係を表しているような作文だった。
先生の手も言葉も入っていない、こういう作文は胸を打つ。
親から子どもへの手紙も書いた。

「赤ちゃんのとき、毎日、早くおしゃべりして~!と
一緒にお話しできるのをとても楽しみにしていました。
いま、いろんなお話ができることをとてもうれしく思ってます。
これからも、いろんなことがあるだろうけれど、
いっぱいお話しして、一緒に考えていこうね。」

私の手紙と娘の手紙が同じようなことを書いていて、
私と花子は同じことを理想にしているんだな~と
うれしくなった。

 

 

 


にほんブログ村